事務職に転職する際持っていると有利な資格とは?

事務職に転職する際持っていると有利な資格とは?

働く女性の中には、力仕事などをする必要が薄い事務職への転職を考えているという方も少なくないと思います。

そこで今回は、女性が事務職に転職する際に持っていると有利な資格についてご紹介していきたいと思います。

TOEIC

最初にご紹介するのはTOEICです。

TOEICは日常生活やビジネスシーンにおける英語力を測定するテストのことで、合否ではなくスコアの高さが重要になってくる資格です。

現在は様々な分野で英語力が必要となる場面が多くなっていますので、TOEICで高スコアを取った経験があるというのは転職の可能性を広げる重要な武器になります。

TOEICを持っていることで事務職はもちろんのこと、サービス業や外資系企業への転職も有利になることでしょう。

MOS

次にご紹介するのはMOSです。

MOSというのは「Microsoft Office Specialist」の略であり、マイクロソフト社のソフトを扱う知識・スキルを証明する国際資格です。

事務職の場合はワードやエクセル、パワーポイントなどのソフトを日常的に扱うことになるので、MOSの資格を持っているというのは即戦力になる証と言ってもいいでしょう。

日商簿記検定

次は日商簿記検定についてご紹介していきます。

日商簿記検定というのは企業の経済活動を記録・整理する技術を証明する検定です。特に経理や財務などに関する職に就く場合は欠かせない資格となっています。

また、日商簿記検定は1級に合格することで税理士の受験資格を手に入れることも出来ますので、事務職から独立して税理士になるといったキャリアアップも可能です。

事務職で役立つだけではなく将来性もある資格なのでおすすめです。

社会保険労務士

最後にご紹介するのは社会保険労務士です。

社会保険労務士は企業の採用から退職までの労働・社会保険に関する諸問題や年金相談などに応じることが出来る資格です。

対応出来る問題の幅が広いため企業にとって嬉しい人材と言えます。そのため、事務職に転職する上で持っていると心強い資格の1つです。

また、事務職だけではなく行政機関での活躍も出来ますので、一般企業ではなく公務員に転職するというのも視野に入れることが出来ます。

まとめ

今回は女性が事務職に転職する際に持っていると有利な資格についてご紹介させていただきました。

今回ご紹介した資格は事務職で活かすことが出来るだけではなく、税理士や公務員、外資系企業など事務職以外の分野での活躍も期待出来ます。自分の目指すキャリアに応じて必要な資格を取得し、計画的に転職を進めていきましょう。

コメント