転職エージェントを選ぶ際のポイントとは?

転職エージェントを選ぶ際のポイントとは?

前回の記事では転職エージェントを利用することのメリットについてご紹介しました。

転職エージェントを活用することで非公開の求人を紹介してもらえたり、面接対策や書類作りを手伝ってもらうことが可能です。

しかし、だからと言って転職エージェントならどこを選んでもいいというわけではありません。

そこで今回は、転職エージェントを選ぶ際のポイントについてご紹介していきたいと思います。

総合型か専門型か?

1つ目のポイントは、総合型エージェントを選ぶか、専門特化型エージェントを選ぶか?という点です。

転職エージェントには大きく分けて2種類があり、様々な業界・職種の案件を扱う総合型エージェントと、特定の業界・職種の案件のみを扱う専門特化型エージェントがあります。

総合型エージェントは基本的に大手企業が多く、膨大な数の求人を扱っている反面、1つ1つの業界事情については疎いというデメリットがあります。

逆に専門型エージェントは求人数は総合型に劣るものの、得意な業界の事情に詳しい上に面接対策や書類作成もそれに合った方法を提示してくれるという専門性が強味です。

まだどんな業界に転職しようか悩んでいる方は総合型、希望の業界が固まっている方は専門型のエージェントを利用するのがいいでしょう。

求人件数が多いか?

次に見るべきポイントは求人件数についてです。

当然のことですが、求人件数が多ければ多いほど転職の選択肢は増えます。そのため、なるべく求人件数が多い転職エージェントに優先して登録するのがいいでしょう。

キャリアアドバイザーとの相性

転職エージェントを選ぶ際は、キャリアアドバイザーとの相性も重要です。

実際に求人を紹介してくれるのは各転職エージェントに所属しているキャリアアドバイザーです。そのため、キャリアアドバイザーが自分と相性の良い人物でないとスムーズな転職は難しいでしょう。

転職エージェントの公式サイトではキャリアアドバイザーについて紹介している場合もありますので、確認して参考にしてみましょう。

まとめ

今回は転職エージェントを選ぶ際のポイントについてご紹介させていただきました。

一概に転職エージェントと言っても、その特徴は各社毎に千差万別です。そのため、自分に合った転職エージェントを選ぶのが重要になってきます。

また、自分の目指す転職先が決まっているかそうでないかで、総合型エージェントの方がいいか専門型エージェントの方がいいか変わってきます。そのため、自分の要望というのもあらかじめ固めておきましょう。

コメント