ITエンジニアに転職する際に持っていると有利な資格は何?

ITエンジニアに転職する際に持っていると有利な資格は何?

働く女性の中には

・「手に職をつけたい」

・「将来性のある仕事に就きたい」

などの思いから、ITエンジニア関係の職への転職を検討しているという方もいると思います。

しかし、ITエンジニアは専門性の高い職種です。未経験者でも歓迎してくれる企業もありますが、やはり能力の証となる資格を持っている方が転職はスムーズに進むでしょう。

そこで今回は、ITエンジニアに転職する際に持っていると有利な資格についてご紹介していきたいと思います。

ウェブデザイン技能検定

最初にご紹介するのはウェブデザイン技能検定です。

ウェブデザイン技能検定ウェブサイトの制作やウェブデザインに対する理解度の深さ、スキルを習得していることを証明する国家検定です。

現在はウェブデザインに精通した人材が重宝されているため、持っておくとITエンジニア関連の企業に転職する上で有利になるでしょう。

また、ゆくゆくはウェブデザイナーとして独立することも視野に入れることが出来ますので、将来性のある資格です。ぜひ取得してみてください。

CCNA

次にご紹介するのはCCNAです。

CCNAはCisco Certified Network Associateの略となっており、ネットワークエンジニアの技能を認定する世界規模の資格となっています。

CCNAを持っていることでネットワークに関する基礎知識やスキルを修め、ネットワーク機器の設定や管理、ネットワークセキュリティの実装などが可能になります。

本格的にIT業界で働きたいという方におすすめの資格ですので、ぜひ検討してみてください。

ITパスポート

次にご紹介するのはITパスポートです。

ITパスポートは「iパス」とも呼ばれている資格で、ITについての基本的な知識を問う国家資格です。

ITパスポートはITに対する基礎的な知識を持っているという証明になるだけではなく、他の資格を取得する際の足掛かりになったり、国家資格なので認知度が高いなどのメリットがあります。

IT業界への転職を考えている方が最初に持つのにちょうどいい資格と言えるので、ぜひ取得を狙ってみましょう。

まとめ

今回は女性がITエンジニアに転職する際に持っていると有利な資格についてご紹介させていただきました。

ITエンジニアは専門性が高い上に将来的に独立することも出来る職業となっています。そのため、資格を持つことは転職を有利にするだけではなく、自分の価値を高め、その価値を証明することにも繋がります。

ITエンジニアの道を進むなら、積極的に資格を取得していくようにしましょう。

コメント